恋愛は何度でも出会いアプリでチャレンジしてみよう!

恋愛恋愛の機会がなかなかない人が多いようです。
でもじっとしていても何も変化はないでしょう。
インターネットで恋愛のきっかけになる出会いアプリを利用してはどうでしょうか?
一時期は犯罪の温床になったりトラブルが多かったりもありました。
ですが出会いアプリ規制法ができて、本人確認や年齢認証がシビアになったので今は健全なサイトになりつつあります。

そんな出会いアプリをお薦めしたいのが恋愛のチャンスに恵まれない男女です。
身近に恋愛対象になるような人がいなければ、恋愛がしたくてもできないと思います。

恋愛は軽々しくすることはないと思います。
でもキッカケがなければ恋愛もできません。
出会いアプリでもマジメな交際をする人達を募集しているというコンセプトのサイトもあります。

あまり重く考えすぎてしまうと、すぐに年齢は高くなってしまいます。
恋をしないで歳を重ねるよりも、失恋してもいいから積極的に動きましょう。
出会いアプリでも、将来を約束された相手に巡り会うかもしれません。

現実生活で、そんな運命的な人がでてくるかどうかは環境を見たらわかると思います。
それほどドラマチックな出会いなど転がってはいません。
最近はどんどんと初婚年齢が高くなっています。
そのひとつの原因が出会いの少なさなんでしょう。

合コンなどもありますが、ターゲットが少なすぎます。
結婚相談所はあまりにも高額です。
数十万円の費用をかけても結婚相手が見つかるとも限りません。

それならば比較的出会いに真剣な人が集まっている「定額制」の出会いアプリの婚活サイトに登録したほうがチャンスは多いです。

恋愛が苦手で、良い出会いに恵まれない女性の特徴

良い出会いに恵まれない簡単に彼氏さんができる女性もいますが、なかなか恋愛に恵まれない女性もいます。
それはどこに原因があるのでしょうか?
原因を調べて改善しない限りはいつまで経っても恋ができません。
恋愛が人生の全てではないですが、恋をしていてラブラブな一生を送る人生は憧れですね。

恋愛上手な女性からみたら、恋愛下手な女性の理由は分かっているのですが、ズバリと言いません。
それは女性同士で波風をたてたくないからです。

恋愛ベタの女性に共通している点は恋愛対象と考えている男性の理想が高すぎるのです。
学歴やルックスや所得など、色々と条件はあるでしょう。
ですが、それに見合うだけの魅力が自分にあるかも考えるべきです。

そういった相手とのバランス感覚に長けている女性が恋愛を上手に成功させているのです。
自分の魅力をしっかり見つけ出して、それを男性にアピールしましょう。

そして、相応の相手を見つけることです。
決して最初から「この男性はないな」なんて思わないことです。
現実に男性と知りあうチャンスがないならば出会い系サイトに登録してみませんか?

出会い系サイトでは女性の比率がとても少ないですから、大勢の男性からアプローチがあります。
あなたが気にかかる男性とメールのやり取りをして、「会いたいな」と思ったらデートしてみればいいです。

「有料」出会い系サイトに登録している男性ならばお金を出してまで交際したい女性を探しているので基本的には真面目系です。
異性に対する見る目も大切です。
その男性が明らかに遊び相手と捉えているならば付いていってはダメです。
そういった見る目を養うにも恋愛経験が必要です。

最近のサクラ被害

■ある男性のケース

サクラというと一般的に、サイト内で一般女性会員になりすまして男性会員とズルズルとメールのやり取りをしてポイントを無駄に消費させることが目的でサイト側に雇われた人たちを指しました。
しかし、男性側もサクラに対する情報などを仕入れて自己防衛をするようになり、以前のように簡単に引っ掛かることは少なくなりました。
そのせいか、最近のサクラの手口はさまざまに変化しさらに巧妙になっているのです。
例えばこんなケースが報告されています。
ある男性が一人の女性と出会いアプリでメールのやり取りをしていました。
すでに何十回とメールは交換しており、男性はこれまでのやり取りからその女性はサクラではないと確信していました。
そして、結構親しくなって来週にでも会おうという約束も取り付けることができていたそうです。
そんなこともあってかやり取りをしているときにエッチな話になり、どちらからともなく「お互いのアソコの写真の交換をしよう」ということとなったのです。
女性から、自分から先に送るのは恥ずかしいからあなたから送ってと言われ、さっそく自分の局部を撮影して写メで送りました。
ところが、その後彼女からの連絡が途絶えてしまったのです。

■ 対応方法

「やっぱりアソコの写真なんて送ったのがマズかったのかな」などと思い、何度か彼女にメールをしましたがなしのつぶてだったといいます。
するとサイト運営事務所から一通のメールが届きました。
「女性会員の○○様(メールをやり取りしていた女性のハンドルネーム)から猥褻な画像を送付されたとクレームがありました。
当事務局が確認、削除をする前に警察のサイバー当局から違法行為との指摘があり、当サイトは三週間の営業停止の処分を受けることとなりました。
つきましてはこの期間中の営業補償金として300万円を請求いたしますので、××日までに下記の口座にお振込みください。
もしお支払いいただけない場合は民事訴訟を起こすこととなる点をご理解ください」
後日、自宅には同じ内容が書かれた封書が内容証明で送られてきたといいます。
つまりは相手の女性はサクラでサイトの指示で男性に写メを送らせたのですが、最近はこのようにこれまでのサクラのイメージとは全く異なるパターンでの被害が増加しています。
こういった手口に対する対応でも、これまで通り「完全無視」が一番なのは同様です。

ファーストメールの次のステップ

■返事が貰えた!

出会いアプリでお目当ての相手に送る初めてのメールが「ファーストメール」です。
このファーストメールで相手の関心を惹くことができなければ、その後の展開はあり得ないというくらい重要なものです。
まず、ファーストメールの出来如何によってスタートできるかできないかが決まるというわけです。
ですから、ファーストメールに対して返事が貰えたならそれだけで舞い上がってしまう人もいるかもしれませんね。
でも実際はやり取りはこれから始まるのです。
ファーストメールに対する返事は相手にすればただの挨拶返し、あなたに好意を抱いているわけではありません。
ファーストメールはいわばスタート地点に立てただけ、今後どのように進んでいくかはこれからのあなたの行動次第なのです。
相手からの返事に対してもちろんこちらから次のメールを送るわけですが、これは「セカンドメール」と呼ばれています。

■セカンドメールの重要性

出会いアプリにおいて女性の存在は非常に貴重なもの、ほとんどの女性の元には毎日のように多数の男性からのメールが届いているはずです。
女性にすればそれらをすべて読むなど不可能、目も通さずに捨てられているメールも少なくないのが実情です。
そんな中からともかくも選ばれて返事を貰えたということは、「ラッキー」といえるかもしれません。
そのラッキーを逃さないためにも、セカンドメールがさらに重要となるのです。
ファーストメールへの返事はあなただけに送ったとは考えられません。
相手の女性は他にも数人の男性に返事をしてその中から自分の好みの男性数人に絞っていこうという思いがあり、女性はセカンドメールの内容如何によってふるいに掛けようとしているのです。
つまり、ライバルはまだまだたくさんいるということです。
とはいえ、あまり気負いすぎるのはよくありません。
普段通りのやり取りを心掛けましょう。
まずはファーストメールに対する返事についてお礼をいって、これからもよろしくといった内容でちょっとだけ関係を進めるようなものにしておきましょう。
焦って、「すぐに会おう」とか直デン、直アド、写メの交換などを持ち出すのは絶対にNGです。
セカンドメールは、今後もメールのやり取りが続くように仕向けることが目標なのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.